足立区で相続・登記に関するご相談なら、

〒121-0822
東京都足立区西竹の塚一丁目19番7号 タカハシビル3階
                   地図はこちら

東武スカイツリーライン竹ノ塚駅西口徒歩3分

受付時間
平日9時30分から18時30分
休業日
土日祝日

※事前に連絡いただければ、

 時間外・土日祝日も対応いたします。

    お気軽にお問合せください。

03-6803-1869

※メールでのお問合せは24時間受け付けております。

相続放棄と限定承認

亡くなった方(被相続人)の相続人が相続する財産は、預金や不動産等のプラスの財産ばかりでなく、被相続人の借金等のマイナスの財産も同時に相続します。

こちらでは、マイナスの財産が多い場合に有用な手続きをご案内いたします。

相続放棄

相続財産のほとんどがマイナスの財産である場合には「相続放棄」が有用です。自己のために相続の開始があったことを知った日(一般的には、被相続人の死亡日)から3か月以内に家庭裁判所に申述をし、受理されることにより、その相続に関しては初めから相続人とならなかったものとみなされます。その結果、プラスの財産もマイナスの財産も相続することはありません。

ご自身で、相続放棄の手続きをやってみる!という方は、家庭裁判所のホームページ(外部リンク)をご参照ください。

なお、先順位の相続人全員が相続放棄をした場合には代襲相続は発生せず、次順位の相続人が相続することになります(参考:相続人と相続分)。先順位の相続人全員が相続放棄をしたのに、次順位の相続人が何もせずにいると自らが被相続人の借金を返済する義務を負いかねません。そこで、次順位の相続人は先順位の相続人が相続放棄しているか否かを家庭裁判所に照会することができます。

限定承認

「限定承認」とは、相続人が相続したプラスの財産を限度に、マイナスの財産に対しても責任を負うとする相続の仕方です。

すべての相続財産を相続した場合、マイナスの財産の方が多かったときには相続人は元々有していた自分の財産を犠牲にしてまでも責任を負わなくてはなりません。しかしながら、相続財産中、プラスの財産とマイナスの財産のどちらが多いかは清算してみないとわからないことが多いものです。そういった場合に前述の相続放棄によって一切の財産を相続しないとするよりも、プラスの財産とマイナスの財産を清算し、プラスの財産が多かったときにその財産を相続できるのがこの「限定承認」という制度です。

この「限定承認」についても、自己のために相続の開始があったことを知った日(一般的には、被相続人の死亡日)から3か月以内に家庭裁判所に申述をし、受理されることにより効力が生じます。

ご自身で、限定承認の手続きをやってみる!という方は、家庭裁判所のホームページ(外部リンク)をご参照ください。

※但し、相続人が相続財産の一部もしくは全部を処分(売却・譲渡・損壊等)した場合は、被相続人の一切の財産を承継する意思を表示したものとみなされ(「法定単純承認」といいます。)、自己のために相続の開始があったことを知った日から3か月以内であっても、「相続放棄」「限定承認」ともに認められないことになります。

その他メニューのご紹介

相続人と相続分

相続人と相続分についてご案内しています。

相続登記必要書類と取得方法

相続登記必要書類と取得方法についてご案内しています。

戸籍・除籍・改製原戸籍とは?

相続登記に必要な書類の名称についてご案内しています。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せはこちら

03-6803-1869
受付時間
平日9時30分から18時30分
休業日
土日祝日

※事前に連絡いただければ、時間外・土日祝日も対応いたします。ぜひご利用ください。

※メールでのお問合せは24時間受け付けております。