足立区で相続・登記に関するご相談なら、

〒121-0822
東京都足立区西竹の塚一丁目19番7号 タカハシビル3階
                   地図はこちら

東武スカイツリーライン竹ノ塚駅西口徒歩3分

受付時間
平日9時30分から18時30分
休業日
土日祝日

※事前に連絡いただければ、

 時間外・土日祝日も対応いたします。

    お気軽にお問合せください。

03-6803-1869

※メールでのお問合せは24時間受け付けております。

相続人と相続分

こちらでは相続手続の中から、法定相続人と相続分についてご紹介いたします。参考になさってください。

 

法定相続人

配偶者(夫または妻)

亡くなった者(被相続人といいます。)の配偶者は必ず相続人となります。但し、戸籍上の婚姻関係になければならず、内縁関係では相続権はありません。

【第一順位】直系卑属(子や孫など)

被相続人の子供は相続人になります。被相続人に子供や孫がいる場合には、父母や兄弟姉妹は相続人となりません。また、被相続人の死亡前に子供が亡くなっている場合でも、その子供の子供(被相続人の孫)がいればその者が相続人になります(代襲相続といいます。)。被相続人の子供及び孫が先に亡くなっているときは、ひ孫が(再代襲)、ひ孫も亡くなっていれば玄孫が相続人となります(再々代襲)。

【第二順位】直系尊属(父母・祖父母など)

被相続人に第一順位の相続人(子や孫など)が存在しない場合には、父母が相続人になります。また、被相続人死亡前に父母が亡くなっている場合には祖父母が相続人に、祖父母も亡くなっていれば曽祖父母が相続人になります。

【第三順位】兄弟姉妹

被相続人に第一順位の相続人(子や孫など)も第二順位の相続人(父母・祖父母など)も存在しない場合にはじめて兄弟姉妹が相続人になります。また、被相続人死亡前に兄弟姉妹が亡くなっている場合でも、その兄弟姉妹に子供(被相続人の甥や姪)がいるときには甥・姪が相続人になります(代襲相続)。但し、兄弟姉妹の場合は直系卑属の場合と違い、再代襲はしません。

 

 

法定相続分

以下、ケース別にそれぞれの法定相続分をご紹介いたします。

【第一順位】直系卑属(被相続人に配偶者がいる場合)

●配偶者の相続分=被相続人の全財産の『2分の1』

●直系卑属の相続分=被相続人の全財産の『2分の1』(直系卑属が複数人いる場合には、相続分である2分の1をさらに人数で割った割合が各自の相続分になります。)

【第一順位】直系卑属(被相続人に配偶者がいない場合)

●直系卑属が全財産を相続(直系卑属が複数人いる場合には、『1÷人数』が各自の相続分になります。)

【第二順位】直系尊属(被相続人に配偶者がいる場合)

●配偶者の相続分=『3分の2』

●直系尊属の相続分=『3分の1』(直系尊属が複数人いる場合には、相続分である3分の1をさらに人数で割った割合が各自の相続分になります。)

【第二順位】直系尊属(被相続人に配偶者がいない場合)

●直系尊属が全財産を相続(直系尊属が複数人いる場合には、『1÷人数』が各自の相続分になります。)

【第三順位】兄弟姉妹(被相続人に配偶者がいる場合)

●配偶者の相続分=4分の3

●兄弟姉妹の相続分=4分の1(兄弟姉妹が複数人いる場合には、相続分である4分の1をさらに人数で割った割合が各自の相続分になります。)

【第三順位】兄弟姉妹(被相続人に配偶者がいない場合)

●兄弟姉妹が全財産を相続(兄弟姉妹が複数人いる場合には、『1÷人数』が各自の相続分になります。)

※上記は一例です。親族関係によって相続分は変動いたします。また、相続人間の話し合い(遺産分割協議)により相続割合を変更することや、裁判所への申立てにより相続権を放棄することもできます。

 

その他メニューのご紹介

相続登記必要書類と取得方法

相続登記必要書類と取得方法についてご案内しています。

戸籍・除籍・改製原戸籍とは?

相続登記に必要な書類の名称についてご案内しています。

相続放棄と限定承認

相続放棄と限定承認についてご案内しています。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せはこちら

03-6803-1869
受付時間
平日9時30分から18時30分
休業日
土日祝日

※事前に連絡いただければ、時間外・土日祝日も対応いたします。ぜひご利用ください。

※メールでのお問合せは24時間受け付けております。